整形外科は運動機能障害を治療しますが、美容整形は主に容姿を整えるために治療します。

整形外科と美容整形の違い

整形外科と美容整形は外科的手術や治療を行う部分に共通点はありますが、専門性は大きく異なっています。
そもそも美容整形は形成外科の一種に分類されるため、外科の中でも違うカテゴリーに入っています。

整形外科と形成外科の違いはコチラのページでご確認ください。

 

美容整形は主に容姿を整えることを目的にしていて、患者の大半は健康な方です。
代表的な症例では二重手術があります。
機能的には一重と二重に大きな違いはありませんが、見た目をよくするために一重から二重に手術する方が多いです。
ほかにも、脂肪吸引や豊胸、男性の包茎手術、医療脱毛も美容整形に分類されています。

 

保険適用のイメージ画像

整形外科は骨、関節、筋肉、神経など運動機能障害を治療する診療科目です。
代表的な症例は骨折で、ほかにも腰痛、ヘルニア、関節痛、打撲などがあります。

 

費用的に見れば、整形外科は保険治療中心美容整形は自費治療中心になります。

 

 

学会も分かれている

整形外科の場合は主に日本整形外科学会の会員になって技術の向上を図ります。
形成外科は日本形成外科学会があります。
美容整形は形成外科の一種になりますが、日本美容外科学会(JSAS)という団体があり美容医療のみに特化した研修、講演を行っています。

 

医師によっては3団体全ての学会の会員になっているケースもあります。
美容クリニックに勤務している医師は日本美容外科学会への参加率が高く、日本整形外科学会は保持したい資格のある場合がある人のみが利用しています。

 

 

共通点も多い

骨の説明をする医者

整形外科は骨折の手術を行うことがあります。
形成外科は骨折の手術はしませんが、アゴの骨やエラ(頬)の骨を削ることもあります。
どちらもメスを入れて骨の見える状態まで開いて、骨に対して処置をして最後は縫合を行います。

 

専門性は異なりますが、日々の症例経験で習得した手術のノウハウには共通点も多いです。

 

整形外科で美容整形手術を行うことはありませんが、整形外科医から美容外科医に転身する医師はいます。

 

 

美容整形はシビアな業界

整形外科の場合、受診するところは家の近くのクリニックや病院の外来を選びます。
難しい症例でも、まずは近くの病院に相談して、そこから専門性の高い病院を紹介してもらうのは一般的な流れです。

 

美容整形の場合は自費で高額な治療になることや、仕上がりの品質を重視する患者の多いことから、利用するクリニックの評判を重視される傾向が強いです。
初診やカウンセリング無料などのサービスを打ち出して、グループ以外の病院を紹介することはほとんどありません。
同じ治療でも美容クリニックによって異なる術式を使っていることも多く、料金設定もクリニックごとで大きく異なってきます。

 

評判の良い美容クリニックは全国から人が集まりますし相場よりも高額な料金設定で予約が殺到します。逆に腕の悪い医師は患者を集められず医師でありながら仕事を得られない状況に追い込まれるケースもあります。

 

美容整形で結果を残せなかった医師は、包茎専門のメンズクリニックや医療脱毛専門クリニックに転身するケースが多いです。
包茎専門院や医療脱毛専門クリニックの医師が全て落ちこぼれというワケではないですが、整形外科や美容外科に向いていなかったり、仕事内容が嫌で転身される方も多いです。
最初から、コンプレックスで悩む人を救いたいという思いで特定の分野に進んだ医師のいるクリニックは評判が良いところが多いです。