スポーツ外科では保存治療を行いますが、手術が必要になっても早期にスポーツ復帰できる治療を行います。

スポーツ外科について

スポーツ外科は名前の通りスポーツ専門の診療科です。スポーツ選手はもちろん、スポーツを行う子供から高齢者まで受診する事が出来ます。
スポーツなど体を動かしていると、使いすぎてある部分の箇所を傷めてしまうことや脱臼や骨折など怪我をしてしまうことがあります。

 

スポーツ外科は「日常生活の復帰」ではなくあくまでも「完全な状態でのスポーツ復帰」を目指す診療科なので、基本的には保存治療を行いますが、手術が必要な場合になっても早期にスポーツに復帰できるような治療を行います。

 

 

スポーツ外科の診療内容

 

投球障害

野球やソフトボールなど同じ腕を使ってボールを投げるスポーツをしていると、肩や肘に痛みが生じてきます。この痛みを総称して投球障害と言います。
肩や肘が痛むのはその部分に異常が生じたわけではなく、ボールを投げるという動作を繰り返す事で他の体の部位の動きに制限が置き、そのストレスが肩や肘にストレスがかかってしまうためです。

 

このような状態になってしまう原因に、投球フォームや体の動かし方が悪いことが考えられます。
そのため、治療方法としては体の動かし方を根本的に見直すことから始めます。自分の体の動かし方を患者自身が見直すことで根本的な問題を解消する事が出来るのです。
ただし、関節唇損傷腱板関節面断裂といった異常が認められた場合は手術を行います。

 

前十字靭帯損傷

バレーボール

前十字靭帯は膝にある体を安定させるための靭帯で、ジャンプするスポーツ競技を行うことで傷ついてしまいます
スポーツを繰り返すことで起こるわけではなく、ジャンプの着地のときや衝撃の強い接触などで起こる怪我の一種です。

 

最初のうちはその箇所が腫れたり痛みがおきますが、しばらくするとその両方が治まってきます。
その状態で放置しても日常生活にはそれほど支障を感じないかもしれませんが、膝が崩れるような感じがしたり、走るなどのスポーツをすると痛みを感じたり、ジャンプをすると着地時に膝から崩れたりするなどします。

 

靭帯は一度傷ついてしまうと元に戻らないため、手術が必要になります。
手術方法は自分の健康な腱を損傷した部分に移植して行う事が一般的です。その後リハビリをすることでスポーツへの復帰を目指します。

 

膝半月板損傷

膝半月板の損傷はスポーツにおける怪我の中でも最も多いものであると言えるものです。
膝半月板とは膝の関節の中にある組織で、膝の内側と外側の両方にあり、膝にかかる衝撃を吸収するクッションのような役割があります。スポーツをして膝をひねったり、膝にストレスがかかることで傷つきます

 

半月版を損傷すると膝に痛みが起きたり、膝の曲げ伸ばし時にキャッチングといって引っかかったような感じになり、症状がひどい場合は膝を動かす事が出来なくなり歩く事が出来ないほどの痛みが生じることがあります。

 

治療は膝を補助する装具をつけたりテーピングをするなどをし、薬やリハビリなどで改善を行うのが一般的です。
しかし、症状がひどい場合には手術を行います。手術を行うとスポーツが出来るような完全復帰まで一般的に半年ほどかかります。